スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろスマートフォンでしょうか??

iphoneが出たときは全く魅力を感じなかったスマートフォンでしたが、ようやく欲しい!と言えるようになってきました。



よ う や く お サ イ フ ケ ー タ イ 対 応 機 種 が 発 売 に な る



先陣を切るのはau。
さんざん宣伝しているIS03(by SHARP)。androidの上にワンセグとか日本の携帯によくある機能が載っている感じ。形状はiphone系。淵がオレンジの色が特徴ですね。今月末にはでるのかな?これだけは恐らくandroid2.1
他は来春発売しか書いていませんが、REGZA phone IS04(TOSHIBA・experia系)・IS03の後継機であろうIS05(SHARP・iphone系)が予定されていますね。特に書かれていませんが、IS05は3D対応でしょうか。

SOFTBANKはGALAPAGOSと皮肉ったネーミングで展開。こちらも二機種
どちらもSHARP製ではありますが、形状はau、docomoとは異なっていますね。そしてどちらも3D対応。12上旬発売予定の003SH(SHARP・experia系)と今回は唯一のQWERTYキーである005SH(SHARP・docomo-PROのSH04などの形状に似ている)


docomoもやっぱり2機種。こちらは本日(カレンダー上は昨日)内覧会に行き実際に触ってきました。

REGZA phone T-01C:
TOSHIBA製のandroidで12~1月発売予定らしいです。会場内では一番の注目機種だったようで、アトラクションのように並び一人3分までだそうでした。auのIS04のdocomo版だと思われるこの機種は見た目も格好良くカメラも1200万画素とまるでPRIMEシリーズのタッチパネルケータがandroidになったという印象が強かったです。

LYNX 3D SH-03C:
12月発売予定と恐らくREGZA phoneより先にでるであろうSHARP製で見た目はやっぱりauのIS03に近いです。
ただし機種の印象としてはなんだかデザインに安っぽさを感じてしまいました。IS03はオレンジ淵のiphoneという印象はありますが、こっちの方はなんだか・・・といった感じです。
3D対応機種ということで初の眼鏡なし3Dを体験してみましたのですが、感想は「まだいらない機能だな」です。
3D映像、通常ワンセグを3D化した映像、3D写真の撮影それぞれやってみたのですが、なんだか「角度を変えると図柄がかわるもの」とか「赤緑のメガネ」みたいな感じです。左目用の画像(映像)と右目用の画像(映像)を組み合わせることで3Dを実現しているらしく、基本的には2重に見えてある場所で3Dっぽくみえます。そしてその場所を探っている自分に若干のむなしさを感じてしまいました。
3D映画も疲れは感じましたが、こっちのほうが見ていてよっぽど疲れます。まぁ初めのうちはすげぇすげぇとかいうんでしょうが、普段から3D機能を使うかというと???って感じです。DS Liteが壊れそうなので3DS買いますが結構不安です。


ちなみにおサイフケータイなど未対応のスマートフォンは他にもありますが、順次他メーカも今後このような機種を投入していくんだろうなと思います。iphoneも含めて今まではどうもしきいの高かったスマートフォンがようやく一般に普及していくんだろうなと思います。一方で画面が大きすぎてキーが打ちにくいなどまだ問題もありそうなので当分は従来機との並行が続くのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぼやきごと
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。