スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つーか、シャーペンとか要らなくね??

ここ1ヶ月ほど、コレを使うようになり、つくづく思う。
マークシートとか特別な状況ではシャーペン、エンピツは使うだろうけど日々の勉強とか、仕事上ではもう十分これだけで十分だと思う。本当に筆箱を開けない毎日になっています。

摩擦熱で消える特別なインクだそうで、ペン裏側のゴムをこすって摩擦熱で消すという仕組みになっているようです。

ちょっと気になっていたので、シャーペンと比べてきちんと消えるかやってみました。

用意したもの:適度なメモ×2、フリクションボール、シャーペン(芯はuniのHB使ってます。)、消しゴム(MONOじゃないのが残念なところ)

1. メモを書く

(筆圧などを踏まえてシャーペン、フリクションで書いたものを貼っておきます。)

フリクションで書いたもの
フリクション前


シャーペンで書いたもの
うに前



ただ写しただけなのに、ひっどいパチリスである。



2.消す



フリクションで消す
けしけし



3.比較する


(見づらいかもしれません)


フリクションで書いたもの
フリクション後


シャーペンで書いたもの
消しゴム後




結論:消しゴムの方がまだよく消える


=============================
基本的に私は筆圧が強いほうなので、鉛筆とかでも結構消えません。
ぬりたくったりしているところの方が、あまり消えていません(というかぼやけます)

「消せるボールペン!!」

というにはあまり消えませんが、「間違いを誤魔化せるボールペン」という表現の方が今までの経験と今回の検証?を踏まえてしっくり来るのかなぁと思います。修正器が不要といえば前向きに捉えられかつあながち間違った表現ではないんじゃないかなと思います。(私は修正液、修正テープ共々うまく使えない人間なんで・・・。)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぼやきごと
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。