スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MySQLのレプリケーションについて

この間少しハマったので、忘れないようにメモ。
(俺得日記のため、よう分からんーってかたはスルーしてください。)

MySQLの機能としてレプリケーションなるものがある。
機能としてはあるデータベース(マスタ)にSQL(selectは除く)文を発行すると、その内容が他のデータベース(スレーブ)に反映されるというものである。

仕組みとしてはこんな感じだと思われる。

①マスタ側でSQL文が発行される→バイナリログ(mysql-bin.XXXXXX.logとかそんなファイルだった気が・・・。)に記録される。
②スレーブ側でマスタのログからSQL文をとってきて、リレーログ(relay-bin.XXXXXX.logとかかな)にその内容を記録
③スレーブ側はリレーログを見てSQL文を発行

レプリケーションの設定は、基本的にスレーブ側で設定をするだけでよかったと思います。DB,テーブルをレプリケーションの対象にするのかをmy.cnfで、マスターのDBはどのサーバであるかをCHANGE MASTER TOで設定すれば、出来るはずです。(ググれば色々と出てくるんじゃないかと・・・。)

はまったのは、2つのDBでそれぞれがマスタ、スレーブを担うマルチマスタのレプリケーション機能です。

①サーバAでSQL発行→バイナリログ@Aへ反映
②サーバBはバイナリログ@Aの内容をリレーログ@Bに反映
③サーバBでリレーログ@BからSQLを発行→バイナリログ@Bへ反映
④サーバAはバイナリログ@Bの内容をリレーログ@Aに反映
③サーバAでリレーログ@AからSQLを発行→バイナリログ@Aへ反映
以下略

あれ?無限ループしてね??ってな具合になりました。

なんかの設定(my.cnfに)をすることでこの状況は回避できましたが、忘れたwww

レプリケーションは問題がなければいいですが、問題があった時の復帰/復元方法が大変です・・・。
スポンサーサイト

MySQLインストール(こっちがインストール)

前回はMySQLのダウンロードについて書きました。今回はインストール編です。
とはいってもインストーラーに従ってやっていくだけです。

まずインストールしたファイル(前回のページではmysql-5.1.49-win32.msi)をダブルクリックするとインストーラーが起動します。そして次へをクリック。
06.jpg

次にセットアップの種類を聞かれます。Completeは重そうだし、Customも面倒臭いので、Typicalでいいでしょう。
07.jpg

図はよくわかりませんが、インストール先を聞かれていますね。Program Filesはなんだか嫌だったので、C:\MySQL\にしました。
08.jpg

そうしたらインストールが始まります。しばし待ちます。ああおなかすいた。
09.jpg

画面は有償版の宣伝でしょうか.次へ
10.jpg

よくわかりませんが、恐らくせryなので次へ
11.jpg

インストールは完了しました。チェックボックスは恐らくMySQLの設定だと思いますので、チェックしてFinish
12.jpg

次にMySQLの設定が始まります。
13.jpg

コンフィグのタイプを聞かれてますね。標準でもよかったですが、Detailed Configurationが上にあるのでそっちをチェックしました。
14.jpg

サーバのタイプを聞かれています。今回は普通のPCにいれているのでDeveloper Machineにしました。LinuxのサーバとかだったらServer Machine、MySQL専用のマシーンだったらDedicated MySQL Server Machineにすると思います。
15.jpg

次の画面は・・・あまり良くわかりませんでしたwきっと色々使えそうなMultifunctional Databaseでいいのかな。
16.jpg

データベースを使用するディスクを聞いていると思います。多分。まぁディスクの空き容量が200G以上あるそうなので、CドライブのInstallation Pathにしました。
17.jpg

これはMySQLに同時にアクセスできる接続数の上限設定でしょうか。一番上が20人、真ん中が500人までアクセル可能みたいですね。下は自分で設定できるのではないかと・・・。まぁ恐らく自分だけしか使わないはずなので一番上にしました。
18.jpg

次はネットワークの設定です。多分これはデフォルトのままにしています。下はよくわかりませんでした。
19.jpg

言語の設定ですね。当然日本語ですよね。
20.jpg

Windowsのオプション設定でしょうか。上は多分Windows→すべてのプログラムで表示されるかの設定ですね。
下はコマンドライン上でMySQLが使用できるようにPATHを設定できるようにしますかということです。コマンドライン上でしかSQLを使ったことがない僕としては当然チェックを入れます(デフォルトは外れていました)
21.jpg

次はセキュリティオプションだそうです。デフォルトではrootユーザのパスワードは設定されていないので設定します。下はよくわからないのでパス。
22.jpg

これで設定が終了のようです。設定中の画面です。
23.jpg

設定がおわるとなにやら追記されます。Finishを押して終了します。お疲れ様でした。
24.jpg






せっかくなのでMySQLを起動してみましょう。コマンドラインでしかryなのでコマンドプロンプトを立ち上げます。(僕はwindowsのコマンドプロンプトが嫌いなので代わりにCygwinを使っています。)

MySQLをインストールしたディレクトリ/binに移動します.
コマンドプロンプトの場合は【cd "c:\MySQL\bin"】ですかね。(僕の場合はC:\MySQLにインストールしています.たしかデフォルトはC:\Program Files\MySQL\MySQR Server5.1だったっけなぁ。覚えてませんので各自確認してみてください。)
次にmysql -u root -pでログインします。-u rootはrootユーザとしてログインをさしており、-pはパスワードを使用しているというオプションです。するとパスワードを聞かれますので、入れましょう。
そうするとmysqlが立ち上がります。できないかたはどっか間違えているのでしょう。
25.jpg




mysql>のあとにexitとうってEnterを押すとMySQLは終了します。
こんどこそお疲れ様でした。

MySQLインストール(というかダウンロード)

誰得だが知らないがMySQLをインストールしたので、ガイドを作ってみる。

MySQLってなに?って方はうぃきぺでぃあでもどうぞ。


とりあえずMySQLのホームページにアクセス
01.jpg

ダウンロード(GA)をクリックすると、色々種類が現れます。
読んでいただければわかると思いますが、私はMySQL Community Serverにしました。
02.jpg


するとOSのバージョンやらダウンロードやらがあります。
僕はWindows、ダウンロードはWindos(x86, 32-bit),MSI Installerにしました。
03.jpg

Downloadボタンを押すとMySQL.comアカウントを聞かれます。きちんと入力すればおkです。
ただ、ぼくはNo thanksで済ませてしまいました。
04.jpg

Mirrorがでるので適当にクリック。僕はJAISTのHTTPにしました。
これでインストーラーのダウンロードが始まると思います。
05.jpg


インストールはガイドに従ってやればおk
・・・というか、画像を貼るのが面倒になったのでまた今度ということでお願いします。
ぼやきごと
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。