スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいして変わらない趣味

そろそろ12月になりそうなので,早めに1年間の整理をしてみる。

ということで今回は今年買ったCDについて。
ひと通り書いてみます。記憶力には自信ないので他にもあるかもしれません。

アーティスト名/アルバム名
感想ひとこと

Rhapsody / The Frozen Tears of Angels
世界一の厨二病バンドですな。Dark Secret Sagaの中では今のところ一番。

Masterplan / Time to be King
帰ってきたヨルンランデ。高いクオリティだけど、名盤!ってわけでもなく。

Grand Illusion / Brand New World
詳しくは記事にて。いいかんじ。

Dark Illusion / Where the Eagles Fly
好きなボーカルなので買った。王道HMですな。

Wuthering Heights / Salt
前作は衝撃だったけど、今回もなかなかやばかった。

Avantasia / The Wicked Symphony
#2は卑怯。これだけ聞ければ満足感もある。

Avantasia / Angel of Babylon
よかったとは思うけど、たいした印象もないかな。

Labyrinth / Return to Heaven Denied Pt.II
路線が元に戻ったのはうれしいけど、パート1に比べると劣化としかいえないかなぁ・・・。

Galneryus / Resurrection
メジャー路線にならなくて良かった。ライブ行きたいけどやっぱりボーカルは不安だなぁ。

Thaurorod / Upon Haunted Battlefields
ガッツポーズしたい音楽しているけど、必殺の一曲がほしかったなぁ。

Ardious / Deep Exceed
どうしてもボーカルの力強さが欲しくなってしまう・・・。

Knights of Round / The Book of Awakening
あと一歩・・・というところはあるんだけれど、なぜだかリピートしてしまう。

Syu / Crying Stars
Silvewingは原曲のほうがいいや。

Terra Nova / Come Alive
期待通りの明るさでニヤリ。

Dragon Guardian / 真実の石碑
ダサいは褒め言葉?たまにある鬼ベースにゾクゾクしてしまう。

Light Bringer / Midnight Circus
こういう音楽をやるひとが増えるといいな。

Dragon Guardian feat. IZNA / Velga
こちらはあまりはまりませんでした。

Equilibrium / Rekreatur
相変わらずのハイクオリティ。Blut Im Augeのような名曲はなかったけど、大満足。

Avenged Sevenfold / Nightmare
変わらずのサウンドでかつハイクオリティでよかったよ。衝撃はもうないけど。

Kamelot / Poetry for the Poisoned
久々の快作だとおもう。ドラマティック。

Angra / Aqua
全体的にクオリティは高いけど、印象に残る曲はなかった感じ。そろそろ落ち目かなぁ。

Marchen Station / Cocktail of Dream
ディ○ニー意識してるところあるんだろうなとおもってしまう。面白い雰囲気だと思う。

Pathfinder / Beyond the Space, Beyond the Time
Thaurorodと同路線の個人的にツボなサウンド。ちょっとながいかも・・・。

Dark Moor / Ancestral Romance
初期のしょぼい感じもっ好きだけどこっちも良い。一つの完成系に到達した感じ。

My Chemical Romance / Danger Days
雰囲気的には前作の方が好きだけど、曲的に好きなのもあるのでこれはこれでありかなぁ。

Minstrelix / Death Maria
これもプレミアになるのかなぁ。売らないけど。

振り返ってみると、なんだかんだでCD買ってますね。一時期の半分にも満たないわけですが相変わらずのジャンル偏りは激しいですね。非ロックでも好きなものが現れればいいかなぁとおもいますが、何から手をだせばよいのやらわかりません。

最近はBON JOVIを聴きたい気分です。livin' on a prayerのメロディが耳から離れません。(らいぶ)

スポンサーサイト

Galneryus 「Resurrection」


RESURRECTIONRESURRECTION
(2010/06/23)
GALNERYUS

商品詳細を見る


ボーカルに小野正利が加入した後初のアルバムとなる6thですね。
小野さんはYou're the only...に代表されるPOP歌手として有名です。ちなみにベースも交代しています。
4thから日本語詞の導入、5thでもPOPな曲もあったり、更には小野さんは最近ではバラエティにもたまに出ているじょうきょうだったので、内容もよりPOPよりになるのでは・・・と不安の声が多かったみたいです。

ただ、実際に蓋を開けてみるといつも通り、というかイメージとしてはスピードチューンの多い2ndよりの楽曲となりました。
イントロからの立て続けの2, 3, インスト明けの7先行配信となっと10など、全11曲インスト除くと実質9曲中5曲がいわゆる疾走曲となっています。

小野さんのボーカルも若干線が細いのではと個人的には不安がありましたがそのようなことはなく、自然にバンドとマッチしています。
個人的には小野さんよりもキーボードのYUHKIが今作非常に目立っているように感じました。プレイスタイルもsyuのように泣きのメロディを重視するようになり、作曲面でも歌謡曲のような5, 叙情味あふれるスピード曲7と貢献していますね。

アニメのエンディングとなっているバラード8は、配信よりもラストが感動的になっており本作のハイライトと言えるかもしれません。(以前はバラードはイマイチな感じだったのに・・・。)


ニコニコのテストも兼ねて音源を貼ってみたり。




NHKの番組をリアルタイムで見たかったなぁ。流石に小野さんでも高音部はキツイですね。そして何故FC2はyoutubeボタンなくなったし。

Grand Illusion 「Brand New World」

まぁあれです。CDのレビューとか感想とかそのようなもんです。
色々音楽聞いたら書いていくことにしました。そもそも聴く音楽に極度の偏りがあるため、基本的に趣味な者しか書きませんが、逆に聞いたら必ず書くとかもだるいのでしません。





ブランド・ニュー・ワールドブランド・ニュー・ワールド
(2010/05/19)
グランド・イリュージョンデーモン閣下

商品詳細を見る


第一弾は、メロディアスハードロック(以下メロハー)バンドの新譜です。
たしか03年(04かも)リリースの3rdアルバム後解散してしまいましたが、デーモン小暮閣下との交流から仲直りして復活だぜヒーハー!!的な感じでリリースされた新譜です。

哀愁かつキャッチーなメロディ、心地の良いコーラスワーク、透明感のあるキーボードが特徴的でクオリティも高いと思います。(というかあまり聞けていないので、もう少し追記するかもしれません。)
彼らの過去作品は1st, 2ndは本作同様透明感の強いサウンド(1stアルバムについてはあまり記憶が・・・。)、3rdアルバムはロック色の強いサウンドで、本作は1st,2nd寄りとなっています。

ちなみにボーナスにはデーモン小暮閣下も参加しています。
ぼやきごと
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。